SEMI-NET 半導体業界シンポジウム〜トップスピーカーがデバイス・装置・材料の観点から日本の半導体産業の現状と将来を考える〜のご案内(2022年10月13日)

【全体向け】

SEMI-NETでは、来る2022年3月11日(金)9:30〜17:00の予定で、半導体業界で活躍するトップスピーカー4名をお招きし、それぞれの分野、視点から、岐路に立つ日本の半導体産業の現状と将来を解説する、シンポジウムを開催致します。今回のシンポジウムは、SEMI-NETに現在ご登録されているユーザー及び、これから新規に会員登録された新規ユーザーを無料招待とさせて頂きます。お申し込み及び、詳細はこちらを御覧ください。

SEMI-NETシンポジウム 概要

日時:2022年3月11日 9:30~17:30
形式:ウェビナー(ZOOM、Youtube Liveによる配信を予定)
申し込み費用:38,500円(税込み)、SEMI-NET会員は無料!

スケジュール

【AM】
9:30~10:00  「 開会のあいさつとセミネットの紹介」
グローバルネット株式会社 代表取締役 武野泰彦

10:00〜11:00 「先端半導体における集積多様化の戦略的思考」
山口大学大学院教授・大阪大学招聘教授 岡本 和也 氏
1. 技術経営思想と戦略的思考(エレクトロニクス産業の成長・イノベーションモデルと研究開発モデルの多世代性)2.先端半導体デバイスとシステムとしての技術融合(半導体デバイスの変遷/2D微細化の流れと露光技術仕様/ 3D化の複数概念と先端的高度積層技術・検査技術)

11:00〜12:00 「半導体はDX/GXとメタバースで次の成長期に入った」
OMDIA シニアコンサルティングディレクター 南川 明 氏
1. 半導体不足はいつまで続くのか /2. DX/GXとメタバースの影響/ 3.日本の半導体産業成長戦

12:00〜13:00 ランチタイム(休憩時間)

【PM】
13:00~14:30 「先端デバイス開発の現状と日本の半導体産業 (仮題) 」 東京工業大学 教授 若林 整 氏

14:30~14:45 休憩

14:45~15:15 グローバルネットの紹介

15:15〜16:15 「最先端多層配線技術の動向と材料、プロセス技術 」
IBM リサーチセンター プリンシパルリサーチスタッフ 野上 毅 氏
1. 銅配線を延命使用したい理由/ 2.銅配線延命を支える材料、装置/ 3.代替配線の技術課題と必要な材料、プロセス/ 4. 銅配線から代替配線への切り替え時期

16:15~16:30 休憩

16:30~17:00 パネルディスカッション 「日本半導体産業への提言」 岡本氏、若林氏、南川氏、野上氏の4名。(視聴者の皆様からのご質問も受け付けます。)