2023年の半導体製造装置市場展望

2023年の半導体市場見通し:4年ぶりのマイナス成長に

 2022年後半から半導体市場が急減速している。2年あまり続いた在宅特需の一巡したこと、世界的なインフレの進行や中国のロックダウン、ロシアによるウクライナ侵攻の長期化などが重なり、特に個人向けの電子機器需要が低迷した。これによりメモリを中心に在庫調整が進んでいる。世界出荷統計(WSTS)の2022年秋季予測(2022年11月発表)では、2022年の世界半導体市場の成長率は、2021年の前年比26.2%増から、同4.4%増へと大幅に減速していると見られている。
  2023年については、スマートフォン向け、PC向けの市場回復は年後半以降になると予測され、前年比4.1%減と、2019年以来4年ぶりのマイナス成長を予測している。米国の有力調査会社Omdiaでは、2023年の世界半導体市場は前年比0.2%と予測している(参照:SEMI-NET特集「2023年 新たな成長へ向かう半導体市場展望、各国政府支援による投資拡大をどうみる」)。

関連特集

関連カテゴリー

「2023年の半導体製造装置市場展望」に関連する特集が存在しません。




「2023年の半導体製造装置市場展望」に関連するカテゴリーが存在しません。




続きをご覧いただくにはログインしていただく必要があります。