世界後工程・試験装置企業の2022年第2四半期(4~6月)売上高

 半導体後工程装置、試験装置を中心とする半導体製造装置企業の2022年第2四半期(2022年4月~6月、以下当該四半期)業績が発表された。本稿では表1の15社をまとめる。
 半導体市場の成長に翳りが見えており、半導体企業の中では設備投資の見直しが始められている。後工程装置の納入先であるOSATも投資削減の動きが出ている。この状況が、後工程装置企業、試験装置の業績にも影響を与えだしている。
 当該四半期は各社とも部品不足などから生産が滞り、さらに需要減の影響も出ていることから成長性は鈍化している。15社のうち、前年度同期比で売上減となったのは8社。海外企業に関しては5社中4社が前年度割れとなった。

関連特集

関連カテゴリー

「世界後工程・試験装置企業の2022年第2四半期(4~6月)売上高」に関連する特集が存在しません。




「世界後工程・試験装置企業の2022年第2四半期(4~6月)売上高」に関連するカテゴリーが存在しません。




続きをご覧いただくにはログインしていただく必要があります。