オリジナル特集

中国半導体デバイス産業の発展状況(2022年8月26日)

本特集では同レポートを基に中国半導体デバイス産業チェーンの市場概要をまとめていく。

世界の主要半導体製造装置・材料企業の2022年1-3月期業績推移(2022年6月3日)

世界の大手半導体製造装置企業、半導体材料企業の2022年第1四半期(2022年1月~3月)の業績をまとめる。

世界半導体製造装置部品市場~2021年市場は2兆円弱に拡大

半導体製造装置を構成する部品の市場概要について、当社が2022年5月20日に発刊した「半導体製造装置部品年鑑2022」を基にまとめた。調査対象とした部品は、真空ポンプ、ガス・薬液制御用部品、シール部品、バルブ、ロボット、モータ、ステージ、電源、静電チャック、ヒータ、チラー、リソグラフィ光源、CMP用部品、プロ―ブカード、キャピラリー、各種センサなどである。

中国半導体企業2021年度の業績(2022年5月20日)

中国半導体企業2021年度の業績をまとめている。

OSAT企業の2021年第4四半期業績/売上高は好調、設備投資も拡大続く(2022年2月25日)

半導体組立・テスト事業を行うOSAT企業の成長が進んでいる。表に台湾、中国、米国、日本の主要OSAT企業8社の2021年第4四半期(2021年10月~12月、以下、当該四半期)の売上高、2021年通期(2月25日時点で公表のない企業は1月~9月までの累積)設備投資額をまとめた。

半導体材料企業の2021年10月~12月期業績/前年同期比で拡大続くも前期比は減速(2022年2月11日)

半導体材料の大手企業からの2021年10月~12月期(当該四半期)の業績発表が行われている。半導体市場に連動して、各社とも半導体材料関連事業売上高を前年度から大幅に拡大している。  本特集で取り上げる11社のうち、前年度同期比成長率が40%を上回っている企業が2社、30%台が3社、20%台が5社、10%台が1社といずれも大きな成長を遂げている。主要半導体材料企業の動向をまとめる。

半導体製造装置企業の2021年第4四半期業績:前期比成長は減速目立つ(2022年2月4日)

大手半導体製造装置企業が2021年第4四半期(10月~12月期)(以下、当該四半期)業績を発表している。ほとんどの企業で、前年度同期に対して10%を超える高成長を記録している。 しかし、前四半期との比較では、減速が目立つ。特に海外の装置メーカにおいて顕著である。。一方、各社とも受注残高は急速に拡大している。主要製造装置の同四半期の動向をまとめている。

SiC、GaN:デバイスとウェーハの動向(2022年1月28日)

 電気自動車に向けてSiC、GaNを材料とするデバイスの開発が進んでいる。市場規模も急速に拡大している。また、デバイスメーカ間の提携、買収、ウェーハ供給の安定を目指してのウェーハメーカの取り込みなど業界再編の動きも活発である。今回の特集ではSiC、GaNのデバイスとウェーハの市場、企業の動きについてまとめている。

リソグラフィ光源(2022年1月21日)

 リソグラフィ装置の重要部品である光源。最先端のEUV光源だけでなく、KrF、ArF用のDUV光源でも開発が加速している。市場は2020年以降大きな成長を遂げているが、露光装置に先行する動きを示している。参入企業は光源ごとに独占化が進んでいる。今回の特集ではこのようなリソグラフィ光源の動きをまとめる。

オプトデバイスの市場と動向(2022年1月7日)

【会員専用コンテンツ】 オプトデバイスも2021年、2022年と成長が期待されている。LED、LDとも自動車用途での需要拡大が市場をけん引した。マイクロLED、ミニLEDといった新技術の開発も活発化している。一方、市場競争は厳しさを増し、オプトデバイス事業からの撤退、事業の統合、買収など業界再編も激しくなっている。今回の特集では、このようなオプトデバイスの動向をまとめている。

【OMDIA 南川 明氏寄稿】半導体不足は2022年前半で解消、DX/GX投資で2022年後半から再び不足

今回の特集は、OMDIAでシニアコンサルティングディレクターを務める南川 明 氏に、半導体不足の現状と、 2022年以降の見通しを解説頂いた。半導体不足の原因、ボトルネック、解消の見通しを示している。

日本の半導体業界の生き残りのカギは何か? ~日本の今を解く鍵、経済安全保障政策、半導体を取り巻く環境や社会的課題とは~

経産省報告書によると、世界では今後10年で自動運転、5Gの普及により半導体市場は100兆円規模にまで成長するとされています。 しかし、日本市場においてはどうでしょうか? 以前は世界の半導体メーカーとの競争の中で、先陣を切っていた日本の家電メーカーは、今やデジタル化の進行によって競争力を失い、それが日本の半導体が衰退する原因とも言われています。 また、最近では半導体の覇者、TSMCが熊本で工場建設を検討するという半導体業界を震撼させるニュースがありました。 このままでは日本だけ取り残され、日本の半導体産業のシェアは大きく落ち込む懸念もある中、日本企業どう対策していくべきでしょうか。

注目される半導体前工程技術

FETを含む半導体前工程の情報をまとめている。【会員限定コンテンツ】

ポストセールスビジネス:2024年市場は4兆8,000億円に拡大

ポストセールス市場動向と企業動向をまとめている。【会員限定コンテンツ】

PVD装置:2021年は急成長を期待

2021年PVD装置の市場動向をまとめている。【会員限定コンテンツ】

ドライエッチング装置:市場は急拡大、上位3社の寡占化進む

ドライエッチング装置の上位3位の企業動向をまとめている。【会員限定コンテンツ】

熱処理装置:2社の寡占続く

熱処理装置2020年の市場動向と上位2社の企業動向をまとめている。【会員限定コンテンツ】

急成長続く半導体製造装置企業、2021年も拡大続く :2021年1月~3月期 半導体製造装置企業売上高

2021年1月-3月期半導体製造装置企業の売上高をまとめている。【会員限定コンテンツ】

自動車向けを中心に急回復/2021年1月-3月期 半導体企業売上高

2021年1月-3月期半導体企業の売上高をまとめている。【会員限定コンテンツ】

SEMI-NET特集 総集編

特集の概要  SEMI-NETでは、2020年6月のプレオープン以来、2020年9月以降ほぼ1週間に一度のペースで特集記事を掲載してきた。その数は2020年6月8日の「ウェーハハンドリングロボットの最新動向」から2021年4月23日の「静電チャック:設備増強が加速」まで33となっている。本稿は、それらの過去記事についてまとめていく。なお、記事の最後には特集一覧を掲載している。  SEMI-NETの特集記事は、SEMI-NETに掲載している製品情報、企業情報と連動(リンク)しており、特集記事で取り上げている企業、製品をクリックすることで、SEMI-NETに掲載しているより詳細な情報が見ることができるようになっている。  *マークのついた特集については、SEMI-NET会員限定記事となっているため、記事全文をお読みいただくには、SEMI-NETへの会員登録が必要となる。

静電チャック:設備増強が加速

静電チャックの市場動向と企業動向をまとめている。【会員限定コンテンツ】

2020年市場は急拡大:電源の市場/企業動向

2020年電源の市場動向と企業動向をまとめている。【会員限定コンテンツ】

中国半導体材料の市場動向

中国半導体材料産業の市場動向と企業動向をまとめている。【会員限定コンテンツ】

2021年には2兆7,000億円規模に拡大:製造装置サービス事業の動向

半導体製造装置のアフターサービス市場の動向、参入企業の動向をまとめています【会員限定コンテンツ】

ASEの拡大進む、中国企業も堅調:OSAT企業の20-21年動向

半導体の後工程を担当するOSAT企業。その主要企業の2020年-2021年の動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

トップ企業の好調続く、日本企業も回復本格化:2020年10-12月期 半導体製造装置企業売上高

主要半導体製造装置企業の2020年第4四半期(2020年7月~9月)、2020年通期(2020年1月~12月)業績動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

NAND型フラッシュメモリ、ファンドリが牽引 2020年10-12月期半導体企業売上高

2020年第4四半期(2020年10~12月)の世界の半導体市場動向、大手半導体企業の業績動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

中国半導体製造装置産業の現状と展望

中国の半導体製造装置産業の現状を、市場の規模と推移、国産化政策と主要企業の動向についてまとめています。【会員限定コンテンツ】

マイクロLEDの市場動向

次世代ディスプレイとして注目されるマイクロLED。その開発状況と製造技術、装置の開発状況をまとめています。【会員限定コンテンツ】

コーター/デベロッパ マスク描画装置、マスク欠陥検査装置

EUVリソグラフィに対応したコータ/デベロッパ、マスク描画装置、マスク欠陥検査装置の市場動向、企業動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

リソグラフィ

EUVシステムを中心に、リソグラフィ装置の出荷状況、導入状況などの市場動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

化合物半導体(材料)

高速、高周波対応、光デバイス、さらに、パワーデバイス用材料として注目される化合物半導体材料の動向をまとめました。【会員限定コンテンツ】

接合

新しいパッケージでプロセス品質を高める重要な技術として注目されている「接合」技術と装置の動向をまとめる。【会員限定コンテンツ】

先端パッケージング材料

FOWLP/FOPLP、2.5D/3Dパッケージなどの先端パッケージング用材料の動向をまとめる。【会員限定コンテンツ】

2021年の半導体業界展望

2021年の半導体産業はどうなるのか。本特集ではその展望をまとめています。【会員限定コンテンツ】

フォトレジスト

フォトレジストの市場動向と参入各社の状況をまとめています。【会員限定コンテンツ】

エンジニアリングサービス市場(2) サービス企業の動向

エンジニアリングサービスを提供するサードパーティ企業の動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

2020年7月-9月期      半導体/製造装置企業売上高

2021年第3四半期の半導体製造装置市場をレポート【会員限定コンテンツ】

中古装置市場の現状(2)中古装置ベンダーの状況

中古装置の主要ベンダーの動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

シリコンウェーハ

シリコンウェーハの市場推移と参入メーカーの動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

電子部品:市場概要

電子部品の国内生産状況と主要企業の売上動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

真空ポンプ/排ガス処理装置

製造装置ともに成長する真空ポンプ、排ガス処理装置の市場動向をレポート【会員限定コンテンツ】

電源/RF電源

RF電源/整合器の市場動向、企業動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】

有機ELディスプレイと製造装置

有機ELディスプレイの生産動向と製造装置市場をまとめています。【会員限定コンテンツ】

エンジニアリングサービス市場(1) ポストセールスビジネスの柱

装置メーカのポストセールスビジネスとエンジニアリングサービス企業の概況をまとめています。【会員限定コンテンツ】

中古装置(1) 業界構造の変化

中古装置の業界構造、参入企業について分析、解説しています。【会員限定コンテンツ】

マスフローコントローラの最新動向

マスフローコントローラの市場動向、企業動向をまとめています。【会員限定コンテンツ】