半導体用語集

化合物半導体

英語表記:Compound Semiconductor

化合物半導体(Compound Semiconductor)とは、2つ以上の原子が共有結合により結合してできる半導体です。化合物半導体となる元素の組み合わせは代表的なものにⅢ族とⅤ族元素、Ⅱ族とⅥ族元素があり、それぞれⅢ-Ⅴ族半導体、Ⅱ-Ⅳ族半導体と呼ばれている。又、SiC等のⅣ-Ⅳ族半導体もある。結晶構造は閃亜鉛鉱型やウルツ鉱型が多い。発行デバイス、高周波デバイス用、パワーデバイス、センサー用途に多くの種類の結晶が利用されている。代表例は、GaAs、AIGaAs、SiC、Gap、GaN、InSb等がある。



関連製品

GaNエピタキシャルウエハ

サイオクス株式会社

ホーム事業内容技術概要 技術概要 当社は40年以上の歴史を有する化合物半導体材料総合メーカーです。これまで長年培ってきたGaAsおよびGaNの結晶成長技術・加工技術・評価技術を生かし、お客様の求める高品質材料の提供を可能としています。

エレクトロニクス材料 › 半導体材料 › 化合物半導体


GaN基板

サイオクス株式会社

当社は化合物半導体結晶分野におけるリーディングカンパニーです。GaN(窒化ガリウム)やGaAs(ヒ化ガリウム)を中心に化合物半導体事業を展開し、電子デバイスや光デバイス用途としてお客様が要求する高品質な基板、エピタキシャルウェハを提供しています

エレクトロニクス材料 › 半導体材料 › 化合物半導体


会員登録すると会員限定の特集コンテンツにもアクセスできます。